綺麗な芝張りのコツ|業者に依頼することも検討しよう

婦人と庭

自分で芝生を張ってみよう

ガーデン

芝生を張るには

初心者でも芝張りは自分で行うことができます。芝張りに使用する芝生にはいくつかの種類があります。日本で最も一般的な高麗芝、日本で自生しており公園などで見られる野芝、一年中葉が緑でゴルフ場などに使用される西洋芝です。西洋芝は高温多湿が苦手で、野芝はキメが荒いという難点があります。芝生を用意したら、芝張りする場所を整地します。雑草や石などは取り除き、水はけをよくするために砂をまきます。砂の上に芝生用の培養土を敷いて表面を平らにします。その上にマット状になっている芝生を敷いていきます。芝生と芝生との間は少し隙間を開けておくとそこから水が染み込みやすくなります。芝生を全て敷き終わったら、その上に芝生の目土をのせていきます。目土をのせ終わったら、全体に水をたっぷりとまきます。これで芝張りの完了です。

張り方を選べる

芝張りを自分でやると、芝生の張り方を好きなように変えることができます。最も一般的なのはマット状の芝生の間に、隙間を開ける目地張りです。張ったばかりの状態では隙間に土が見えているのであまり美しくありませんが、すぐに芝生が成長し覆い隠してくれます。芝張りをしてすぐに一面緑の綺麗な芝生にしたい場合には、芝生と芝生の間を開けないようにするベタ張りがおすすめです。予算を抑えたい人におすすめなのが市松張りです。市松模様に芝生を敷く張り方で、芝生の数は少なくてすみます。その分全体が綺麗な芝生になるには時間を要します。市松模様と同様に経済的な張り方が、芝生を筋状に張る筋張りです。すぐに美しい状態の芝生になるような方法にするのか、時間をかけてもいいから料金があまりかからない方法にするのかによって張り方を選んでみましょう。また、自分で芝張りをする事が大変だと感じる場合には、専門業者に依頼してもよいでしょう。費用は掛かりますが、プロによって綺麗な芝に仕上げてもらえます。最近では、体力がない高齢者や日々を忙しく過ごしていて庭にまで手がかけられない人からの依頼が、専門業者へ殺到しているそうです。

草むしりで気をつけること

庭の手入れ

草取りは面倒で大変な作業ですが、イスや防虫スプレーなどの便利な道具を使うことで苦労を軽減することができます。腰を痛めたり熱中症になると普段の生活にも影響が出てしまいます。便利アイテムをうまく使って作業を楽に進めて下さい。

もっと読む

家事代行サービスが便利

草刈

家事代行サービスで芝刈りを依頼する人が多いです。それは芝刈りは労力や時間や費用を費やしてしまうからです。でも、サービスを利用することで、ガーデニングにかかる負担を大幅に減らすことができるため便利です。

もっと読む

雑草を楽に駆除するには

男性

草刈りは定期的にする必要があり手間がかかります。作業を楽にする道具は機械や薬などいくつかありますので、場合によって使い分けましょう。自分でできない時には業者に頼むのも有りです。夏の辛い時期だけ委託するなどしても良いでしょう。草刈りは重労働ですので無理をせず自分に合ったやり方を見つけましょう。

もっと読む